地域移行支援型ホーム

地域移行支援型ホームの構造上の 独立性の確保について、利用者の入口(玄関)を病院とは別に設けるほかに、廊下等の独立性はどのように確保すべきか 。

投稿日:2015年2月20日 更新日:

【2015年(平成27年)2月20日】

地域移行支援型ホームは、利用者の日常生活の場であり、医療行為の提供を受ける病院とは異なるものである。

このため、利用者のプライバシーが確保され、病院とは独立した生活が保たれるよう、病院の通院者・入院者や病院関係者が地域移行支援型ホームの生活圏に立ち入らないよう配慮されなければならない。

このため、地域移行支援型ホームの入口を経由せずに廊下や階段を通じて直接病院から地域移行支援型ホームに移動できないよう、例えば、 壁や施錠されたドア等で物理的に遮断されている必要がある。

単に立入り禁止と記した立て札を配置する程度のものは認められない。


【出典】厚生労働省
地域移行支援型ホームに係るQ&Aについて

-地域移行支援型ホーム

関連記事

no image

地域移行支援型ホームは、病院敷地内にある共同生活住居と病院敷地外 にある共同生活住居を有する事業所として設置できるか。

【2015年(平成27年)2月20日】 設置できない。 共同生活援助事業所は一体的なサービス提供に支障がない範囲で複数の共同生活住居の設置を認めているが、今回病院の敷地内で設置を認める地域移行支援型ホ …

no image

指定特定相談支援事業者は、地域移行支援型ホームと同一敷地内にある 病院の関係者と特別な関係にないものとされているが、具体的にはどのような場合が特別な関係に該当するのか。

【2015年(平成27年)2月20日】 例えば、指定特定相談支援事業者と病院とで、開設者が同一である場合、代表者が同一である場合などが想定される。 【出典】厚生労働省 地域移行支援型ホームに係るQ&a …

no image

従前の地域移行型ホームは、これまでどおりに運営が可能なのか 。

【2015年(平成27年)2月20日】 基本的に平成26年度以前と同様に運営することは可能だが、平成27年4月以降新たに利用を開始する者については、指定特定相談支援事業者が作成するサービス等利用計画に …

no image

地域移行支援型ホームを本体住居とするサテライト型住居の利用者の利用期間如何 。

【2015年(平成27年)2月20日】 本体住居の入居期間と通算して原則2年以内とする。 【出典】厚生労働省 地域移行支援型ホームに係るQ&Aについて

no image

他の病院に入院している者や転院した者は利用対象となるのか。

【2015年(平成27年)2月20日】 利用する地域移行支援型ホームが事業を開始した日時点において、精神科病院(当該ホームがある病院以外の病院でも可)に1年以上(複数の病院に継続して入院していた場合は …