地域移行支援型ホーム

「地域移行推進協議会」と「協議会等」の役割等の違いは何か 。

投稿日:2015年2月20日 更新日:

【2015年(平成27年)2月20日】

「地域移行推進協議会」は、地域移行支援型ホームごとに事業者が設置するものである。利用者、家族、市町村職員、他の障害福祉サービス関係者等によって構成され、四半期に1回程度定期的に当該ホームの活動状況や当該ホームの利用者の状況について報告をし、必要な要望や助言等を聴くものである 。

一方、「協議会等」は、都道府県、指定都市又は中核市が設置する「協議会」や、長期入院精神障害者地域移行総合的推進体制検証事業における「地域移行推進連携会議」の場を活用して、当該自治体の管内における地域移行支援型ホームの事業の実施状況等について報告や評価等を受けるものである 。


【出典】厚生労働省
地域移行支援型ホームに係るQ&Aについて

-地域移行支援型ホーム

関連記事

no image

地域移行支援型ホームは、新規指定が平成27年4月1日から平成31 年3月31日まで、その間に指定を受けたホームは当該指定日から6年間運営が可能とされているが、制度施行後4年目をメドに制度の在り方を検討することとされている。
この検討の結果次第では、現在、最大で平成37年3月31日まで運営 が可能となっているが、この期間が長くなることがあるのか。

【2015年(平成27年)2月20日】 地域移行支援型ホームについては、平成30年度に、それまでの事業の実施状況を踏まえて本制度の在り方を検討することとしており、検討の結果次第でどのような見直しがなさ …

no image

地域移行支援型ホームを本体住居とするサテライト型住居を設置できるか 。

【2015年(平成27年)2月20日】 サテライト型住居とは本体住居とは別の場所で運営される共同生活住居をいう。 また、サテライト型住居の入居者への支援にあたっては一般住宅等へ移行できるよう計画的な支 …

no image

地域移行支援型ホームを本体住居とするサテライト型住居の利用者の利用期間如何 。

【2015年(平成27年)2月20日】 本体住居の入居期間と通算して原則2年以内とする。 【出典】厚生労働省 地域移行支援型ホームに係るQ&Aについて

no image

指定特定相談支援事業者は、地域移行支援型ホームと同一敷地内にある 病院の関係者と特別な関係にないものとされているが、具体的にはどのような場合が特別な関係に該当するのか。

【2015年(平成27年)2月20日】 例えば、指定特定相談支援事業者と病院とで、開設者が同一である場合、代表者が同一である場合などが想定される。 【出典】厚生労働省 地域移行支援型ホームに係るQ&a …

no image

地域移行支援型ホームの事業者が事業を開始した日時点で精神科病院に1年以上入院していれば、例えば、実際に当該ホームを利用する時点ではすでに退院後1ヶ月経過していて現に地域で生活している者も利用できる のか。また、当該ホームが事業を開始した日以後に一度退院して、再度入 院して現に入院中の者も利用できるのか。

【2015年(平成27年)2月20日】 利用できない。 利用するには、地域移行支援型ホームの事業を開始した日時点で精神科病院に1年以上入院していて、かつ、利用日時点まで継続して入院していることが必要で …

障がい者グループホームわおん

わおん
PAGE TOP