視覚障害生活訓練専門職員の教育

視覚障害者のリハビリテーション・プロセスにおいて、歩行、コミュニケーション、日常生活、レクリエーションなどの生活の自立は必須である。これらの生活自立の訓練・指導する専門職員は、高度な専門的な知識と技能を習得し、全国に適正配置されるべきである。視覚障害者が社会適応を図れるかいなかは、この専門職貞の教育に依存している。

投稿日:1997年3月1日 更新日:

障がい者グループホームの運営・請求業務なら「しょーあっぷ」

しょーあっぷ
PAGE TOP