2. 感覚代行のシステムの開発

上記のような現実認識に基づき、視覚障害者は、視覚障害から派生する行動的な不自由さを、軽減するために自己の感覚代行を獲得することがリハビリテーションプロセスとして必要になってくる。このプロセスは、専門的な知識をもっ人々が、適切に援助し、合理的に進められるべきである。したがって、最終的には、視覚障害のリハビリテーションは、感覚代行のシステムを自己に合ったものとして獲得するという原理を有する。

投稿日:1997年3月1日 更新日:

障がい者グループホームわおん

わおん
PAGE TOP