1)腕の動作

腕の運動空間を4種の腕の運動によって評価する.患者は背のない腰掛けに座り,作業療法士の指示にしたがって,運動を行う.課題のテスト項目は階層構造をもつため、作業療法士はパフォーマンスの最大値だけを調べればよい.

投稿日:2000年3月31日 更新日:

障がい者グループホームの運営・請求業務なら「しょーあっぷ」

しょーあっぷ
PAGE TOP