2)患者への説明

理学療法士は患者に試行結果を示し,説明を加える.患者のデータを基準値と比較し,これからの訓練で改善する必要のある特定の歩行変数,WRかSLかを教示する。図1の患者はMWS16.3m/min.WR96.2steps/min,SLO.34mで歩いている。基準値に比べてSLが不十分であり,これからの訓練目標は、WRを下げることなく.SLを伸ばすことにおかれる.その結果,MWSは向上する。

投稿日:2000年3月31日 更新日:

障がい者デイサービスワーカウト

ワーカウト
PAGE TOP