9)バス停の発見

通常、バス停の位置はバスの乗車口を案内するように敷設されている。歩道の幅により敷設されている方法が異なるため、白杖などにより確実に発見できるよう留意する必要がある。また、図3-34のように線状ブロックが敷設されている場合、線状ブロックの車道側を歩行するとよい。

投稿日:2002年12月26日 更新日:

障がい者グループホームの運営・請求業務なら「しょーあっぷ」

しょーあっぷ
PAGE TOP