4.8.カテーテルをゆっくりと尿道口に挿入します

あらかじめ、尿器を外陰部の近くにおきます。

カテーテルを、先端からおよそ7cmのところで、鉛筆を持つのと同じようにして、利き手の母指、示指および中指で保持します(図3-14)。

カテーテルを尿道口に4~5cm挿入します。必要とあれば、カテーテルを回してみてもよいのですが、無理に押し込まないで下さい(図3-15)。そこで、カテーテルを持つ手を利き手から非利き手に替えます。
利き手でカテーテルのキャップをはずします。

投稿日:2001年11月30日 更新日:

障がい者グループホームの運営・請求業務なら「しょーあっぷ」

しょーあっぷ
PAGE TOP