5.2.トイレの便座で行う自己導尿のために

トイレの便座で自己導尿を行うときには、できるだけ便座の後方に、背を丸めて座ります。前方が広いと、導尿が容易にできます(図2-18)。
排尿中は陰茎を真っ直ぐに保ちます。カテーテルの出口の近くをもち、便器の方に向くようにして曲げます(図2-19)。

投稿日:2001年11月30日 更新日:

障がい者デイサービスワーカウト

ワーカウト
PAGE TOP