4.1.用具と消耗品の準備

あらかじめ、以下のものを準備しておきます(図2-3)。

・12または14Fr.(直径:1Fr.=1/3mm)のディスポーザブル(使い捨て)型ネラトン・カテーテルあるいは再利用型(携帯型)カテーテル、たとえばセルフカテ⑧(CIC用につくられたもの)。
携帯型カテーテルはケースに入っています。消毒液(第V章参照)を入れて栓をしておきます。
使い捨て型カテーテルを用いる場合、グリセリンやキシロカイン・ゼリーのような潤滑剤を塗布します。

・尿器(しびん)。
・ハイレディⓇ (0.02%グルコン酸クロルへキシジン液を含んだ清浄綿)。
(0.02%グルコン酸クロルへキシジン液あるいは0.02%塩化ベンザルコニウム液(オスパン⑧)を含んだ清潔な綿でもよいでしょう。
・石けん。

自己導尿訓練の初期には、尿量を測定し、尿の色やにおい、透明度、血塊の有無など、尿の性質を調べることが必要です。目盛り付きの容器(紙コップ、しびん)を用意しておきます。排尿記録のための用紙(排尿チャート)も必要です。

投稿日:2001年11月30日 更新日:

障がい者デイサービスワーカウト

ワーカウト
PAGE TOP