1.2.規則的間隔で勝朕を空にすることの重要性

勝胱への感染を予防するため、膜朕を規則的な間隔で空にすることが大切です。

勝胱壁への血液循環は膀胱が空になると増加します。そうなることで、膀胱の健康状態が保たれます。尿の貯留があり、膀脱が持続的に伸展されていると、毛細血管の圧縮で生ずる血流低下のため栄養不足となり、細菌の侵入を受けやすくなります。このような過程は、膜胱炎やその他の膜胱の感染症を起こしやすくします。

一日に5-6回は排尿して、膜胱を空にして下さい。膀胱を完全に空にすることができず、膀胱に尿が残っている(残尿がある)と、尿中の細菌は繁殖を続け、勝胱炎は改善しません。

その上、尿貯留によって勝胱が長期にわたって伸展されていると、勝胱壁に線維組織が増加し、萎縮勝脱となります。

投稿日:2001年11月30日 更新日:

障がい者グループホームわおん

わおん
PAGE TOP