1.1.生命維持のために

排尿機能の障害は、神経系の障害や薬剤の副作用、運動不足によって起こることがあります。

排尿することができないと、膀胱に尿が貯まって尿閉となり、ついには腎機能不全となることもあります。腎臓において、血祭から高度に複雑な濾過過程によって水分、塩類や尿素を分離して排出する÷とができなくなるのです。尿は腎臓にあるネフロンで産出されます。この尿は尿管へと押し出され、主として尿管のぜん動運動によって膜胱へともたらされます。謄胱は伸展して、成人では約400mlの尿を貯えることができます。膜胱内の尿が150mlくらいになると、多くの人は排尿したいと感じるようになります。排尿は、尿が勝胱から放出されることです。勝胱が収縮し、外尿道括約筋が開くと排尿が起こります。

膀胱や外尿道括約筋の機能障害によって、尿閉の起こることがあります。勝胱のなかにある尿は、尿管が勝胱に連なる部位にある弁によって尿管を逆流することを防止されています。尿閉が続くと、尿は腎臓へと逆流するようになり、腎臓に障害をもたらし、腎機能不全となるのです。細菌感染による膜胱炎は、これらの過程を促進します。

腎機能不全になると、血祭蛋白は血液から失われ、血液の浸透圧が低下します。その結果、組織内に水分が貯留し、浮腫が起こります。最後には、血渠中のカリウム・イオン増加によって心停止が起こります。

したがって、泌尿器系の疾病や機能障害は、人々に死をもたらすほど重大になることもあります。腎機能を維持するように勝胱に尿を貯めることと空にすることは、人体の生理的機能を維持するのに欠かせないことです。

投稿日:2001年11月30日 更新日:

障がい者グループホームわおん

わおん
PAGE TOP