障害者自立支援対策臨時特例交付金

更生相談所の機能強化について、具体的にどういったことを想定しているか。

投稿日:2009年3月27日 更新日:

【2009年(平成21年)3月27日】

  1. 補装具の処方とチェック機能の充実
    チームによるチェック機能体制の構築を図る。
  2. 補装具の作製に関わる医療従事者のレベルアップ
    補装具支給システムの確認および補装具のパーツ機能等に関する研修を具体化する。
  3. 障害者の総合的な相談およびケアプラン作成機能の充実
    障害者に対する診断・予後予測を含め、総合的な評価に基づくケアプラン(リハビリテーション計画)の作成など。
  4. リハビリテーションセンターあるいは大学病院・基幹病院リハビリテーション科との連携強化(一体的運営)
    上記1~3とも関連して人材の確保と育成を図る。

等が考えられる。


【出典】厚生労働省HP
障害者自立支援対策臨時特例交付金に関するQ&A

-障害者自立支援対策臨時特例交付金

関連記事

no image

視覚障害者等情報支援緊急基盤整備事業について、音声コード普及のための研修を行うとあるが、どのようなことを想定しているのか。

【2009年(平成21年)3月27日】 活字文書からの情報入手が困難な視覚障害者については、音声による情報入手も一つの方法であるが、活字文書を音声で聞くための「音声コード」に関しての研修は次のとおり想 …

no image

「福祉専門職員等」とは、一般的にどの職員を想定しているのか。

【2009年(平成21年)3月27日】 社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士その他、社会適応訓練等の知識に習熟している者を想定している。 【出典】厚生労働省HP 障害者自立支援対策臨時特例交付金に関 …

no image

事務職員の数については、常勤・非常勤を問わず常勤換算で必要数を満たしていれば本事業の助成対象となるのか。

【2009年(平成21年)3月27日】 お見込みのとおり。 【出典】厚生労働省HP 障害者自立支援対策臨時特例交付金に関するQ&A

no image

旧体系施設は当該事業の助成対象となるのか。

【2009年(平成21年)3月27日】 施設外就労等による一般就労移行助成事業(一般就労移行等促進事業)は施設外就労等の促進にあわせ、新体系への移行促進を目的とするものであり、旧体系施設は当該事業の助 …

no image

補助単価は7月中における実利用者の人数に応じて助成を行うこととなっているが、利用者の上限は設けないのか。また、補助金額についての上限はもうけないのか。

【2009年(平成21年)3月27日】 利用者の上限は設けない。また、補助金額についても上限を設けない。 【出典】厚生労働省HP 障害者自立支援対策臨時特例交付金に関するQ&A

障がい者グループホームの運営・請求業務なら「しょーあっぷ」

しょーあっぷ
PAGE TOP