同行援護

宿泊を伴う利用については、対象として差し支えないか。

投稿日:2011年10月1日 更新日:

【2011年(平成23年)10月1日】

対象として差し支えない。

外出については、「原則として1日の範囲内で用務を終えるものに限る。」とされているが、例えば、1泊2日の宿泊を伴う利用の場合、2日間を別々に報酬算定することとなる。

ただし、就寝中等サービス提供を行っていない時間については、報酬算定されないことに留意されたい。


【出典】厚生労働省HP
同行援護に係るQ&A

-同行援護

関連記事

no image

長期入院をしている者など、これまで障害福祉サービスを利用されてこなかった者が、入院中の外出のみを目的として同行援護等を利用することも可能と考えてよいか。

【2016年(平成28年)8月4日】 お見込みのとおり。 【出典】厚生労働省 入院中の医療機関からの外出・外泊時における同行援護等の取扱いについて

no image

入院中の医療機関からの外出・外泊時における同行援護等の利用に当たって、医療機関との調整は必要か。

【2016年(平成28年)8月4日】 市町村や事業所が医療機関と利用に当たっての適否について調整をする必要はない。 ただ、医療機関から外出するときと医療機関に戻るときに、同行援護等を利用される障害者の …

no image

応用課程に相当する研修として、基金事業における視覚障害者移動支援従事者資質向上研修を、都道府県知事が認めても差し支えないか。

【2011年(平成23年)10月1日】 認めても差し支えない。 ※平成23年6月30日障害保健福祉関係主管課長会議資料 P91参照 【参考】厚生労働省HP 平成23年6月30日障害保健福祉関係主管課長 …

no image

他医療機関受診に当たっても同行援護等を利用することは可能と考えてよい か。

【2016年(平成28年)8月4日】 移送に当たり、看護師等が付き添わない場合は利用できる。 【出典】厚生労働省 入院中の医療機関からの外出・外泊時における同行援護等の取扱いについて

no image

サービスの始点・終点については、駅など居宅以外でも差し支えないか。

【2011年(平成23年)10月1日】 居宅以外でも差し支えない。 【出典】厚生労働省HP 同行援護に係るQ&A

みんぐる

スマビー

PAGE TOP